フォークリフト専用カメラ

フォークリフトの耐用年数は?長く使い続けるためのポイントも解説

フォークリフトは物流業界において不可欠な機械であり、その耐用年数は多くの企業にとって重要な経済的要素です。一般的にフォークリフトの耐用年数は、使用方法、保守の頻度、作業環境などによって異なりますが、適切な管理とメンテナンスが行われることで最大限に延ばすことが可能です。

本記事では、フォークリフトの耐用年数と長く使い続けるためのポイントを解説します。

フォークリフトの法定耐用年数

実は、フォークリフトの法定耐用年数は財務省により定められていることをご存知でしょうか。

具体的には、財務省の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」に記載されています。

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」では、「車両及び運搬具」の項目の「前掲のもの以外のもの」にフォークリフトの耐用年数が記されており、結論として法定耐用年数は「4年」とされています。

あくまで法定耐用年数は1つの目安ではありますが、まずは4年と定められていることを理解しておきましょう。

フォークリフトの平均耐用年数

フォークリフトの平均的な耐用年数は約10年から15年とされています。しかし、実際の耐用年数はその使用頻度や保守の状況、作業環境に大きく左右されます。

たとえば、一日の使用時間が長かったり、重い負荷を頻繁に扱う場合、または粉塵が多い場所で使用されるフォークリフトは、耐用年数が短くなる可能性があります。

保守とメンテナンスの影響

フォークリフトの耐用年数を延ばすためには、定期的な保守とメンテナンスが不可欠です。適切なメンテナンスプログラムには、油圧オイルやエンジンオイルの交換、フィルターの交換、タイヤやブレーキの点検が含まれます。

これらのメンテナンス作業を怠ると、機械の故障を招き、修理コストが高くつくだけでなく、耐用年数も短くなります。

使用環境の影響

作業環境はフォークリフトの耐用年数に大きな影響を及ぼします。過酷な環境下での作業は、機械への負担が大きくなります。

たとえば、高温多湿な環境や、塩害のある場所での使用は、フォークリフトの金属部分に錆を発生させやすくします。これにより、頻繁な修理や部品交換が必要になり、結果として耐用年数が短くなることがあります。

フォークリフトを長く使い続けるためのポイント

フォークリフトの性能を長期間維持し、耐用年数を延ばすためには、適切な管理とメンテナンスが欠かせません。ここからは、フォークリフトを長く使い続けるための重要なポイントを挙げます。

定期的な保守と点検

フォークリフトは定期的に専門の技術者による点検を受けることが重要です。点検では、機械の各部が正常に機能しているか、異常な摩耗がないか等がチェックされます。

特に、油圧システム、ブレーキ、ステアリングシステム、リフト機構などの主要部分のチェックは欠かせません。

適切な操作の徹底

フォークリフトの操作者は適切なトレーニングを受け、機械の取り扱い方を正確に理解している必要があります。

無理な操作や不適切な荷物の積み下ろしは、機械への負担を増大させ、故障の原因となります。

環境への配慮

フォークリフトを使用する環境を整えることも、その寿命に影響します。

たとえば、雨水や直射日光を避けるために屋内で保管する、清掃を定期的に行うなどが挙げられます。特に粉塵が多い環境や湿度が高い場所では、サビや機械的な損傷を防ぐために追加の措置が必要です。

早期の故障対応

小さな異常を見つけた際には、すぐに修理を行うことが大切です。初期の段階で対処することで、より大きな故障や高額な修理費用を避けることができます。音の異常や操作時の違和感など、日常的な使用感を大切にしましょう。

部品の品質と適切な交換

フォークリフトの修理や部品交換を行う際は、高品質な部品を使用することが望ましいです。また、消耗品や部品の交換は、メーカーの推奨するスケジュールに従うことが基本です。

これらのポイントを守ることで、フォークリフトはより長く、効率的に運用することが可能になります。日々の適切な管理とケアが、最終的に大きなコスト削減につながります。

フォークリフトの安全点検に関する理解も深めよう

労働安全衛生規則では、フォークリフトの安全点検が義務付けられています。具体的に、フォークリフトでは下記3つの安全点検を実施することを義務付けています。

  • 年次点検
  • 月次点検
  • 始業前点検

第百五十一条の二十五 

「事業者は、フオークリフトを用いて作業を行うときは、その日の作業を開始する前に、次の事項について点検を行わなければならない。

一  制動装置及び操縦装置の機能

二  荷役装置及び油圧装置の機能

三  車輪の異常の有無

四  前照燈、後照燈、方向指示器及び警報装置の機能」

たとえば「始業前点検」の場合、上記の項目をチェックすることが事業者の義務です。

点検を行うことは「安全のための義務」ではありますが、日々の点検を怠らず適切に行うことで、フォークリフトの耐用年数を延ばすことにも繋がります。

安全管理の一環かつ、中長期的なフォークリフトの使用のためにも、安全点検は必ず行うようにしてください。

まとめ

フォークリフトの耐用年数は、その使用方法や保守状況、作業環境によって大きく異なります。効率的な運用と定期的なメンテナンスを行うことで、フォークリフトの寿命を延ばし、長期にわたって高いパフォーマンスを維持することが可能です。

フォークリフトの管理責任者は、機械の状態を定期的にチェックし、必要に応じて専門のメンテナンスを実施することを推奨します。

  • この記事を書いた人

osakimf6464

-フォークリフト専用カメラ